淋病を予防するには

淋病を予防するには

淋病は自分自身で予防する事が出来る病気です。
性交渉による淋病感染率は3割程度だと言われています。
少ないと感じるかも知れませんが、しっかりと予防する事で限りなくゼロに近づける事が出来るのです。

 

一番簡単な予防方法は避妊具の着用です。
避妊具の着用は、妊娠をしない為に行っている人が殆どでしょう。
しかし、実は避妊具を付ける事で性感染症のほとんどをカバーする事が出来ます。
特に、エイズ等の重度の性感染症も予防する事が出来ます。
性交渉の際は、極力避妊具を付けるようにしましょう。

 

また、避妊具は自分で用意をする事をお奨めします。
避妊具にはサイズがあり、また、使用期限がある物も多いでしょう。
しっかりと守られてなければ、途中で破けてしまう可能性があります。
自分に合った避妊具を用意する事は性交渉に置いてのエチケットなのではないでしょうか。

 

また、細菌はデンタルダムも注目されています。
デンタルダムは女子用の避妊具の様な物です。
避妊効果はありませんが、女性器にデンタルダムという薄いシートを張り付ける事で、性病予防をする事が出来ます。

 

デンタルダムを使用する事で、女性から男性に淋病等の性病が感染する事を予防する事が出来ます。
デンタルダムが無い場合は、サランラップ等で代用する事が出来ると言われています。

 

実際に医療機関のホームページで販売されている物なので、気になる方は確認をして見てはどうでしょうか。

 

この様に、淋病は自分自身で予防する事が出来る病気なのです。