咽頭淋病 口からも淋菌は感染する

咽頭淋病 口からも淋菌は感染する

淋病は性交渉のみで感染する病気だと思っていませんか。
実は、淋病は口からも感染する可能性があるのです。

 

淋病の感染経路は、粘膜です。
粘膜と言うと性器を想像する方が多いかも知れませんが、口も立派な粘液です。
唾液や口内から分泌した淋菌から、淋病に感染してしまう事もあるでしょう。
口から喉へ淋菌が感染した場合は咽頭淋病、といい咽頭クラミジアと並んで喉の性病としてはポピュラーなものとなっており注意が必要です。

 

口以外から感染する可能性も有ります。
例えば、血液と傷口です。
傷や粘膜は、外部からの病原体が侵入しやすくなっているのです。
だからこそ、淋病患者の血液が自分の傷口に触れたら感染する、と言う可能性も有るでしょう。
中には、温泉や銭湯に行ったときに傷口から淋病が感染する可能性も有る程だと言われています。

 

性交渉を行っていなければ淋病にならないと言う事はありません。

 

また、淋病が感染するのは性器だけでは有りません。
口に感染する事もあれば、直腸に感染する事もあるでしょう。
中には目が淋病に感染してしまう事も有ります。
性器だけではなく、体の部位も注意しておきましょう。

 

性病は様々な種類があります。
特に、淋病と同時に感染しやすいクラミジアや、性病の中で一番怖いと言われているエイズです。

 

性交渉に置いては、避妊具を付ける事でこれらを予防する事が出来ると言われています。
しかし、最近は避妊具を装着しない若い世代の方が増えていると言われているのです。
だからこそ、10代20代の方に淋病やクラミジアの感染者が広まっているのです。

 

淋病は想像以上に簡単に感染してしまう病気です。
しっかりと予防をしましょう。