女性は自覚症状が少なく特に注意が必要

女性は自覚症状が少なく特に注意が必要

女性の淋病患者は自覚症状のない方が多いのです。
何故なら、淋病の症状は女性が日常的に起きる事が多いからです。

 

例えば下腹部の痛み、発熱です。
この程度であれば、多少の体調不良程度かと思いそのままにして置く人も多いでしょう。

 

頻尿、残尿感、排尿時の痛みを感じるという人もいます。
しかし、女性の多くは膀胱炎を体験したことがあると言われています。
これらの症状は膀胱炎とほとんど同じような症状で、また、膀胱炎と淋病が同時期に掛かる事もあり得ます。
産婦人科に相談しても、膀胱炎として取り扱われる事もあるかも知れません。

 

また、おりものが増加するという症状も現れます。
悪臭のおりものが出てきたり、黄緑色等少し変色したものが出てくる場合があります。
こうなると自覚する女性もいるかも知れませんが、女性のおりものは精神面や生理前後で左右される物だと言われています。
その為、多少違和感を感じてもそのままにして置く事も多いでしょう。

 

しかし、淋病はそのままにして置くと危険な病気なのです。
淋病の菌は、自然治癒する事がありません。
淋病の自覚が無くそのままにして置くと、淋病の細菌はどんどん体内に感染して行くでしょう。
子宮等に淋病が感染すると、不妊、子宮外妊娠になる事さえあります。

 

自覚症状が薄くても、これらの症状が現れたら淋病かも知れません。
最近は自宅に居ながら淋病検査をする事が出来る淋病検査キット等も有ります。
まずは検査をして見てはどうでしょうか。